BLOG

ブログ

こんにちは

心理カウンセラー 

渋谷くみこです

 

東京もいよいよ

GO―TO トラベルがスタートしましたね

 

東京都民の皆様 やっとです

 

辛い時期を過ごしている観光業界

これを機に少しでも潤うことを願います

 

人生のなかで

とっても辛い時期というのがあります

 

「生きていこう!」とさえ思っていれば

結果として

何とかなるのですが

 

その渦中にいる時は

なかなか苦しいもの

 

今 何らかの苦しみや問題

将来に対する不安を抱えている方

ネガティブな想像をせず

目の前の現実を

ただただ

観察して 受け入れて

日々のやることを淡々とやっていると

思わぬ方向に解決の糸口が見えてくることがありますよ

 

もう随分前

 

主人の勤めていた会社が突然倒産しました

 

正確に言えば

自主廃業

 

山一證券です

 

まさかの山一倒産(;^ω^)

 

突然のことで

最初は何が起きたのかピントきませんでした

徐々に

日に日に心が重くなり

辛い気持ちが増えていきました

 

私も山一證券に勤めていたので

 

かつての上司や同僚や

本社ビルや周囲の風景など思い出して

切ない気持ちになりました

 

また

一応大企業だった山一が無くなってしまうほどの世の中の経済悪化に対する恐怖や

今の環境から変化せざるを得なくなった悲しみも募ってきました

 

それでも

そういった気持ちは

ちょっと経つと

感じなくなったというか

慣れてくるというか・・・

人間 不思議なものです

 

自主廃業の発表後から

主人は残務整理や再就職先探しなど

ものすごく忙しくなり

 

私も

子供の転校や引っ越しの準備、お友達へのご挨拶等

悲しみに浸りつつも

かなりあわただしく忙しい日々が始まりました

 

そのせいか

 

「こうなったらどうしよう」とか

「ああなったら不安だ」とかの

未来に対する不安や悲観はあまり出ませんでした

 

 

 

山一の和歌山支店赴任・・・

 

 

山や川、自然豊かな土地で

子供3人を育てるのはとても楽しく

また

地元の人たちは親しみやすく親切

大勢の友人が出来ました

 

私は和歌山県が大好きになり

3年間の赴任期間は

人生の中でとても充実した輝かしい時間だったと

今でも思っています(ちなみにその3年間は大殺界でしたが・・・)

 

そんなわけで

会社が倒産した悲しみより

大好きな和歌山を離れる悲しみの方が大きかったんです

つまり

今現在にフォーカスしまくっていたので

未来に対する不安が考えられなかったのですね

 

それどころか

とっても楽しい最後の数日間

 

最後だからとランチに行ったり

プレゼントをもらったりと

楽しい気分が勝ち、ネガティブが出てくる暇が無くなってました 笑笑

 

 

自宅は千葉県に所有していたのですが

転勤中、人に貸していたので

契約上、すぐには戻れない状況

 

 

そして

 

主人が決めた再就職先は主人の故郷の

 

青森県 

 

私たちは和歌山から青森に引っ越すこととなりました

 

千葉に自宅があるのに・・・

しかも

一人っ子の私・・・

年老いてきた両親を千葉県に置いたまま

青森に永住の運命に・・・・

 

両親に何かあってもすぐにはいけない距離

介護など始まったら

遠距離を行き来するのか?

それとも別居か?

 

今でしたら色々な不安を想い巡らせてそうですが

 

当時の私は

 

あまりにも忙しすぎて

先の事、あれやこれや考える暇がありませんでした

 

好条件で再就職ができたことに

主人も私も喜び

新しい生活をスタートさせるべく

青森に引っ越しました

 

和歌山から届いた引っ越しの段ボールを開ける作業

 

100個近くあります

 

一番手前にある最初の段ボールを開けると

その中から真っ先に出てきたのは

 

電話機

 

 

 

その直後

NTTの方が いきなり来て

あっという間に回線を開いてくれました

 

 

するとまたいきなり

 

プルルル

 

「ああもう電話使える!

これはテストコールか、有難い!」

 

私が電話を取ってみると

それはテストコールではなく

主人への再就職のお誘いの電話でした

 

開通したばかりの回線にいきなりです

 

電話のお相手に尋ねてみると

「和歌山の方に電話を掛けたらこちらの番号を流していたので・・・」とのこと

 

段ボールの箱を開けてから

わずか数十分での出来事です

 

 

以前出向に行っていたある法人からのお誘いでした

 

青森で再就職したばかりでしたので、一旦お断りしましたが、熟考してお引き受けすることにしました

 

今の職場

配慮ある良い条件で採用してくれたのに・・・

どうしよう~反対されるのでは(;^ω^)

青森での再就職先は何故か快く退社を承諾、送別会までしていただき(足を向けて寝れない)

 

私たち家族は

たった3か月の青森滞在で

東京に戻ることとなりました

 

丁度その頃

千葉の自宅の借主が退去してくれていたので

すんなり我が家に入居できました

 

 

和歌山で会社が倒産し

青森に永住覚悟で移動して

引っ越した当日に東京に戻れる道が開け

何もかも全て上手くおさまりました

 

 

私の人生の中で この一連の流れは

 

奇跡

 

です ( ´艸`)

 

 

当時は

心理学その他を学んでいませんでしたが

今振り返ると

無意識にしていたポイントがあったと思えます

 

落ち込んでいた時期でも

未来に対するネガティブな想像をしなかった

 

これに尽きると思います

 

未来を創造した段階で

それは用意されます

ネガティブな感情を放出すれば

未来のどこかのタイミングで

同じ感情を味わう現象が起きます

 

なので

 

現状が辛くても

そのことをずっと考え続けるのをストップして

未来のために

自分が得たい状況・感情・感覚を

たっぷり創造してくださいね

 

全て上手く行きます

 

 

 

人生のお悩み・子育てのご相談

ストレスからくる体調のご相談

ボイスマルシェ 電話カウンセリングで承ります

 

ご予約は下記をクリックしてくださいね

専門家としてチームボイスマルシェに参加しています!匿名相談受付中! 電話カウンセリング ボイスマルシェ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事一覧